営業エリア:東京都:世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、港区、品川区、神奈川県川崎市(イス張替は車で30分以内メイン)、および各区・市近郊:その他のエリアの方もお気軽にご相談下さいませ。
東京都世田谷区奥沢のインテリア山田です

お住まいのリフォーム・リノベーション、インテリアをしております。

特にお問合せの多い

「階段カーペット張替え」専用のブログを

新しく立ち上げました。

お急ぎは090-8058-1691(現場施工中で出れない場合は折り返しお電話致します)

東京都世田谷区奥沢5-9-14 TEL(03)3723-8159 FAX(03)3723-8393

mail: interior-yamada@r8.dion.ne.jp(右上フレームからメールフォームをご利用頂くと便利です)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウールのカーペット

階段向けのカーペットの選び方で

質感」による選び方

製法」による選び方

は既にご紹介しました。

今回は「素材」による選び方をご紹介します。


カーペットの素材は大きく分けると

自然素材のウール(羊毛)と

その他の化学繊維になります。


上記の画像はウール(羊毛)です。

価格は中級品以上になります。

染色性も高く微妙な色彩効果があり、

天然繊維特有の色つやと肌触りの良さがあります。



ナイロンのカーペット

化学繊維のカーペットは

リーズナブル品から中級品になります。

こちらはナイロンのカーペットです。

化学繊維の中では

耐久性と耐摩耗性に優れています。


また、こちらはパイルと基布の間に

特殊なシートが挟まれていて

アレルギーの基となるもの(アレルゲン)を

吸着・分解する効果があります

(シンコール クリナなど)。


こういった機能性に優れた

化学繊維のカーペットもあります。

スポンサーサイト
ウールのカーペットのサンプル

それぞれウールのカーペットのサンプルです。

表からは同じように見えますね。


タフテッドカーペットとウイルトンカーペット

こちらはカーペットサンプルの裏側です。

右側がタフテッドカーペットで

左側はウイルトンカーペットです。



簡単にご説明すると


タフテッドカーペットは裏面のジュートなどに

表側のパイルを接着している製法で

比較的リーズナブルに作れるメリットがあります。


ウイルトンカーペットは裏面まで織り込んでいるので

カーペットが一体になっていて弾力性に富み

長年柔らかさが変化しにくいメリットがあります。



階段カーペットは

直張り工法(←ご説明ページへ)が多いので

ウイルトンカーペットにしても

あまりそのメリットが得られないので

タフテッドカーペットをおすすめしています。


ただ、グリッパー工法の場合は

やはりそのメリットを活かせるので

おすすめです。



こちらは階段及び廊下の

ウイルトンカーペット張替えです。

ウイルトンカーペット


ウイルトンカーペット


ウイルトンカーペット

ウイルトンカーペットならではの

柔らかさ、しなやかさは

大変気持ち良いです。


施行中は思わず寝転んでしまいたくなります。

直張り工法前

こちらは

階段にカーペットを張る前の画像です。


階段の面が平らになっています。


↓階段にカーペット張り
直張り工法後

カーペットを

適度なサイズにカットしながら

接着剤を使って固定します。


直接、カーペットを張る(貼る)ことから

直張り(じかばり・直貼り)工法と呼ばれる

施工方法です。


一般的な施工方法で

大半はこの方法で

階段のカーペットは施行されています。




グリッパー工法

もう一つがグリッパー工法です。

階段の四辺にグリッパーと呼ばれる

とげの付いた細長い板を階段に打ち込んで

グリッパーにカーペットを固定する施工方法です。


こうすることによって

カーペットの階段の間にクッション材を

敷き詰めることが出来るので

より踏み心地の良い階段にすることが出来ます。


こちらは踏面(ふみづら)と蹴上げ(けあげ)の

両方がグリッパー工法の階段です。


グリッパー工法

こちらは踏面(ふみづら)のみが

グリッパー工法で

蹴上げ(けあげ)は直張り工法です。



費用対効果の面から

基本的には

新しく階段にカーペットを施行する場合は

直張り工法にすることが多く、

グリッパー工法は既存のグリッパーを利用して

施行することが多いですが

お客様のご要望をお聞きして

よくご説明してから施工しています。
踏面(ふみづら)と蹴上(けあげ)

階段の一段分の断面図です。

階段は実際に足を踏む場所の

「踏面(ふみづら)」と

踏面に対して垂直の立ち上がり部分

「蹴上(けあげ)」の2つで作られています。


画像左は踏面が蹴上よりも伸びていて

その部分を「あご」と呼びます。

画像右は「あご」がない階段です。



あごがある階段

「あご」がある階段です。


あごがある階段

こちらも「あご」がある階段です。


張替えの場合は

接着剤の跡などが残ってしまうので

あまりお勧めしていませんが、

カーペットが張られていない階段に

新しくカーペットを張る場合には

このように「あご」の下側で区切って

「踏面」だけカーペットを張って

「蹴上」はそのままとゆうことも出来ます。



あごがない階段

階段の側面まで

カーペットを張っているので

やや変形ですが、

こちらが「あご」がない階段です。

「踏面」と「蹴上」が繋がっているので

基本的に両方同じカーペットでの

張替えになります。




蹴上のない階段

基本的に階段は

「踏面」と「蹴上」で作られていますが、

このように「蹴上」のない階段もあります。


ご自宅の階段は

どのような階段か

お分かりになりますでしょうか。

ループタイプ、カットタイプ

カーペットには

いくつか種類がありますので

ご紹介します。



階段のカーペットも

お部屋の平面の物と同様に

ロールカーペット(主に最大巾3m64cmのもの)を

カットして施工する場合が最も多いです。


カーペットの質感は様々な組み合わせがありますが

大きく分けて2種類です。

画像の左側が「ループ」タイプです。

表面がループ状に丸くなっていて

比較的、耐久性があるメリットがあります。


画像の右側が「カット」タイプです。

表面がカットされていて均一になっていて

比較的、肌触りが良いメリットがあります。


階段をループカーペットで施工

こちらは「ループ」タイプのカーペットで

階段を張った画像です。

カーペットの目があまり動かないので

デザイン的には動きのない表情になる

傾向があります。


階段をカットカーペットで施工

こちらは「カット」タイプのカーペットで

階段を張った画像です。

カーペットの上を移動すると

カーペットの目も動くために

デザイン的にはカーペットに表情がある

傾向があります。





また、ロールカーペット以外のカーペット

タイルカーペット

(主に50cm×50cm、40cm×40cmのものを組み合わせる)や

パンチカーペット(薄く織っていないカーペット)を始め

様々なカーペットでの階段仕上げも行うことが出来ます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。